ちゃんと歯を磨いているのに虫歯になる原因

どうして虫歯になっちゃうの?その疑問、解決します!

虫歯の予防法を知ろう

虫歯の仕組みと症状

歯がザラザラしたり、表面に白い汚れが付いた事はありませんか?
その白い汚れは、プラークというものです。
プラークは、食事に含まれる糖分を餌に増殖した細菌の集合体で、その中では、盛んに細胞増殖が行われています。
その細胞増殖過程で作り出されるのが、乳酸です。
乳酸は酸性なので、接触している歯の表面を溶かします。
そのまま放っておくと、歯に穴が開き、いわゆる『虫歯』の状態となってしまうのです。

歯の構造について調べてみましょう。
歯は内側から、歯槽骨(歯を支える顎の骨)、歯髄(歯の神経)、象牙質、エナメル層、の順で構成されています。
エナメル質・象牙質に穴が開いても、痛みは自覚されません。
しかし、歯髄にまで細菌が侵入すると、歯がズキズキと疼いたり、夜眠れないほど痛くなったりします。
それでも治療をせずにいると、歯髄の神経が虫歯菌に殺されてしまい、痛みを感じる事はありませんが、もう歯を治す事はできません。

あなたは虫歯になりやすい人?

人によって、自分は虫歯になりやすいと感じる人や、反対に、虫歯になりにくいと感じる人がいるでしょう。
では、虫歯になりやすい人と、虫歯になりにくい人との違いは何なのでしょうか。
一番の違いは、虫歯菌が活動しやすい環境であるか、否か、の差です。
虫歯菌が活動しやすい環境というのは、除去されずに増殖できる時間が長い、栄養が頻繁に補給されるような環境の事です。
つまり、歯磨きで上手にプラークの除去が出来なかったり、お菓子を好んで食べたり、間食の機会が多い生活をしていると、虫歯菌が活発に活動し、虫歯になりやすくなります。
野菜中心の生活や間食をしない食生活を心がけている方は、思い当たる節がない、と感じるかもしれません。
そういう方は、歯磨きの仕方に見直しが必要かもしれません。
きちんとプラークを除去できる歯磨きができているでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る