ちゃんと歯を磨いているのに虫歯になる原因

どうして虫歯になっちゃうの?その疑問、解決します!

正しい歯磨きって?

磨き方のポイント

歯磨きの目的は、プラークを除去することです。
歯ブラシのみを使用している方も多いと思いますが、デンタルフロスを併用するのが基本です。
まず、歯ブラシを歯に直角に当て、一本一本磨く事を意識し、5ミリ程度の振動で横に小刻みに動かします。
奥歯から順に、前歯、歯の裏側まで磨きましょう。
特に、奥歯のしわや溝、歯の根元、歯と歯の間は磨き残しが多いので、丁寧に磨くことを意識します。
歯と歯の間のプラークは、歯ブラシで除去しきれないことが多いので、デンタルフロスや歯間ブラシを使用します。

磨き方が分からない人や、きちんと磨けているか不安な人は、歯科医院を受診し相談しましょう。
歯科衛生士さんが自分に適した歯磨きの仕方を丁寧にアドバイスしてくれます。

その力加減は適当ですか?

歯ブラシの力加減が適当か、簡単にチェックする方法があります。

まず、前歯に鉛筆で線を引きましょう。
次に、水で濡らした歯ブラシでその線を消すように磨きます。
以上です。

簡単に消えそうですが、力加減が適当でないと、鉛筆の線は消えません。
そして、この鉛筆の線が消えるくらいの力加減が、歯磨きをするのに適当な力加減です。
おそらく、思っていた以上に小さな力なことに気付くと思います。

歯を綺麗に磨こうと思うと、必要以上に手に力が入ってしまいがちです。
すると、磨きたい部分に歯ブラシの毛先ではなく、毛の側面が当たってしまい、磨けていない事になります。

一生懸命磨いているのに、実際は磨けていなかったら勿体ないですよね。
どの箇所を磨くかだけでなく、きちんと磨ける方法で歯ブラシを使用していきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る